沿革

1932年
故取締役会長坪井定が東京市において、
坪井工業所として土木建築並鉄骨工事の請負業を創業
1935年
海軍省の指定請負人となり、主として全国各地の海軍航空隊基地、
格納庫及び滑走路の建設に従事、台湾の国策化学工場、南洋諸島の生産工場の建設に従事
また、本年に川崎支店を新設
1936年
旧日本鋼管(現JFEスチール)より特命請負人として、推薦を受ける
1944年
企業整備令により東洋土木株式会社を吸収合併し、
資本金100万円の坪井工業株式会社を設立
1949年
日本国有鉄道の指定請負人に指定され土木建築、鉄骨、鉄桁及び軌道工事に従事
1957年
愛知製鋼知多工場平炉改修工事受注(初取引)と同時に名古屋支店を新設
1959年
藤沢支店を新設
1970年
資本金4,800万円に増資
1971年
千葉出張所を支店に昇格
1987年
資本金9,600万円に増資
1989年
本社社屋を新築
1991年
横浜支店を新設
1992年
埼玉支店を新設
1994年
資本金1億2,000万円に増資
2011年
東北支店を新設
2012年
創業80周年
2013年
南相馬営業所を新設